2017年4月12日水曜日

朴大統領は逮捕、在ソウル日本大使は帰任、そして朝鮮半島は戦争前夜、、、


http://www.sankei.com/world/news/170331/wor1703310012-n1.html

3月31日のニュースとなりますが、朴槿恵大統領が収賄その他の容疑で逮捕されています。慰安婦問題を中心に反日に励んだ同前大統領ですが、怒りと憎しみに燃えた韓国の大衆に引き摺り下ろされ、あわれな末路となりました。

http://www.asahi.com/articles/ASK445JR8K44UHBI01Z.html

4月4日には、韓国への措置として一時帰国していた長嶺駐ソウル日本大使が帰任しました。リンク先の朝日新聞記事では「少女像の撤去働きかけ」などといつものミスリードの内容となっています(しかも日本政府が定めた「慰安婦像」表記ではなく、事実を捻じ曲げる捏造表現の「少女像」を用いています)が、

http://www.sankei.com/politics/news/170403/plt1704030031-n1.html

菅官房長官や岸田外相は今回の背景である「邦人保護」に言及しています。「大使引き揚げの理由となった慰安婦像撤去をしていないのになぜ大使を帰すのか」という話がありますが、戦争前夜であれば戻さざるを得ません。在韓邦人は数万人、ソウルは38度線からはわずか30kmです。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20170411-OYT1T50052.html

アメリカはカール・ビンソン空母群も派遣し、いつでも北朝鮮を攻撃できる状況になりつつありますが、ここで北朝鮮が核実験を行なう等、さらに緊張が高まれば、いつ何が起きてもおかしくありません。

鍵を握る中国の対応や北朝鮮の出方次第ではソウルは火の海、韓国は国が滅亡の危機にあって、大統領を引き摺り下ろしたり、慰安婦運動を通じて反日をやっている場合ではないのですが、今更どうしようもないのでしょう。「国破れて山河あり」ではなく「国破れて慰安婦像あり」という事になるのでしょうか。

日本も国内での朝鮮総連などのテロに注意しなければなりません。もう一つ、日本も「国破れて憲法9条あり」とならないようにしなければなりません。

2017年3月10日金曜日

朴クネ大統領の罷免確定、慰安婦合意破棄は必至、慰安婦問題どころか韓国の存続の危機に・・・


http://mainichi.jp/articles/20170310/k00/00e/030/208000c
(毎日新聞より)

韓国の朴クネ大統領への弾劾が妥当かどうかの憲法裁判所(最高裁)の判決が出て、朴氏の罷免(クビ)が決まりました。

その是非は何とも言えない所ですが、一つ言えるのは2ヵ月後の新大統領選挙で勝つであろう文在寅(ムン・ジェイン)氏は反日・従北という事です。

他の候補も似たり寄ったりですが、「日韓慰安婦合意」は破棄・消滅確定でしょう。様々な屁理屈を駆使すると重いまますが、「国民の同意を得ずにやった」「慰安婦自身の意向を無視した」「今や正統性が無いことが証明された売国朴政権が勝手にやったこと」というところであろう事は容易に想像されます。

いずれにしても、合意は消滅します。慰安婦像は建て放題、韓国の反日活動はさらに激化するかも知れません。

しかし、韓国は慰安婦なんぞにうつつを抜かしている場合ではありません。反日・従北の文在寅大統領の登場で、韓国は滅亡の道をひた走るのではないでしょうか。「韓国のラストエンペラー」ならぬ「ラストプレジデント」になる可能性すらあると思います。

2017年2月28日火曜日

慰安婦問題その後

釜山の慰安婦像への抗議で日本政府が大使引き上げなど厳しい対応をしてから約2か月が経過しました。その後の動きを見てみましょう。

まず、韓国にはある程度効いています。これまではどんなに虐めてもやり返さない虐められっ子であった日本ですが、毅然とした対応を取れる事を示したのは大きかったと思います。実効性はともかく、尹外相もとうとうウィーン条約に言及したり、釜山市宛に像撤去の要請を行わざるを得なくなりました。

他にも、「帝国の慰安婦」著者の朴裕河(ぱくゆは)教授の著書をめぐる刑事裁判で無罪判決が出るなど、これまでは日本の事になると法治主義も無視してやりたい放題だった韓国社会に、ある程度は国際社会の常識を意識せざるを得ない雰囲気が出てきました。これはこれまで無かった事です。

一方、もちろん問題もあります。韓国内の慰安婦像は釜山の後も次々と建てられ、国定教科書にはありもしない「慰安婦の虐殺」が記載され、韓国の次期大統領選挙では、「日韓慰安婦合意」に反対し、見直しを表明しないと、参加すらできない状況です。冷静に国際常識や法治主義を感情に優先させる事すらできない愚かな国民を作り出したのは他ならぬ韓国政府です。竹島も同じです。無理に無理を重ね、嘘を嘘で塗り固め、引っ込みがつなかい状況ですが、どこまでチキンレースを続けるのでしょうか。

昨今一層エスカレートする北朝鮮の脅威や暴走振りを見ても、韓国は慰安婦像にこだわっている場合ではないはずです。慰安婦に関する反日活動は、直接間接に北朝鮮に気脈を通じた人間や団体が中心となっているのを、一般の韓国国民は気づいているでしょうか。このままではいつ北朝鮮に滅ぼされてもおかしくないというのが分からないのでしょうか。

しかし、文在寅氏が大統領となり、韓国はさらに従北・反日に向かうのでしょう。無理だと思いますが、韓国は気づいた方が良いでしょう。

2017年1月7日土曜日

日本政府がついに韓国に怒り異例の毅然とした各種制裁を開始、韓国は狼狽


http://www.sankei.com/politics/news/170106/plt1701060019-n1.html
(産経新聞より)

これまで韓国に好き放題をやられてきた日本政府ですが、ついに怒りを露にしました。慰安婦問題についても、1993年の河野談話依頼やりたい放題を許し、防戦一方で耐えに耐えてきた日本ですが、日韓合意を無視して慰安婦像が撤去されるどころか昨年末に釜山の日本領事館前にも建てられた事を機に、ついに断固とした手段を取りました。政府は6日、駐ソウルの日本大使に加えて釜山の日本総領事を帰国させ、また、通貨スワップ再開協議も停止、日韓ハイレベル経済協議も停止という措置を発表しました。

これまで、日本は慰安婦問題を始め、竹島問題でも、また、中国の数々の横暴に対してもただひたすら下手に出ていました。何かされても言葉で「遺憾」を表明するのみ、相手にとっては痛くも痒くもなく、「日本はどんなにいじめても絶対に反撃してこない楽で弱い相手」と思われていました。特に韓国はそういった体験が重なって、調子に乗りすぎてしまい感覚も麻痺していたでしょう。

これはなぜでしょうか。いくつか挙げれば、敗戦国の呪縛、憲法9条の呪縛、戦後レジームの呪縛、新聞やTVなどのメディアの支配、日教組の戦後教育で叩き込まれた負け犬根性や自虐史観、空想的平和主義などでしょう。外国の無法に対して毅然とした態度が取れず、逆に日本側が謝る、一歩下がる、譲歩する。このような対応をしてきました。しかし、それらは善意の日本人相手に通用するのみで、悪意を持ったアジア諸国に通用するはずが無いのは歴史が証明しています。

相手が平気で約束を破ってもなすがままであれば安倍政権には失望していましたが、今回で少し見直しました。今回の事は韓国には良い薬かも知れませんが、何でも好き放題できると思い込んでしまった愚かな韓国の大衆がすぐに変わるわけもなく、そのような愚かな大衆を反日教育で育て、好き放題にさせてきた韓国国家や韓国社会は日本に謝罪する/しない現実的対応に切り替える/反日を貫き通すなどの面で分裂するかもしれません。自業自得です。

今回の対応が、韓国との短期的な話だけではなく、長らくいじめられっ子として耐えてきた日本が少しまともになるきっかけになる事を期待します。

もう一つ、韓国人が今回の事を逆恨みしてテロを起こす可能性がありますので、気を付ける必要もあるでしょう。